AppSheet で「データ」からアプリを作成する方法を解説!

アプリの作り方の種類

AppSheetでアプリを作る方法は3つあります。

  • 所有するデータから作る
  • アイデアから作る
  • サンプルから作る

の3つですね。

本記事では、「所有するデータから作る」について見ていきます。

アカウントは、Googleアカウントを前提として解説します。

データを用意する

まずはデータが必要になるので、サンプルとして以下のようなデータを用意してみます。ここではファイル名を「Task Tool」としました。

アプリをデータから新規作成する

次に、AppSheetを開き、メニューから「My apps」を選択し、自分のアプリの一覧へ移動します。

「Make a new app」を押すと、「Create a new app」というタイトルのダイアログが出るので、「Start with your own data」を選択します。

アプリ名とカテゴリの入力を促されるので、適当に入力したあと、「Choose your data」を選択します。

以下のように、ドライブピッカーが開くので、あらかじめ作成しておいたデータを選択します。

すぐに、アプリの作成が始まります。

作成されたアプリを確認する

作成が完了すると、下記のようなエディタ画面が表示されます。

右側にプレビューが表示されています。このプレビューは直接操作することが可能で、データも先程作成したプレビューと既に連動する形となっています!

早速、画面右下のプラスボタンを押してみます。

するとこのように、データを入力するためのフォームが表示されます。

それぞれ、データを入力していきます。数字や日付などのデータのパターンは、指定したシートから自動的にAppSheetが判断し、用意してくれます。

以下のように、数字なら数字の入力フォームが、日付形式ならカレンダーを使った入力フォームが仕上がるようになっています。複数の項目から選択するようなパターンにも対応しています。

下記のように、値を入れてSaveを押してみます。すると一覧画面に戻り、右上の更新マークにバッジが付きます。この更新マークを押すと、即座に変更がシートに反映されます。また、ある程度待っていても、自動的に反映されます。

再度、シートを確認してみると、プレビューで追加操作を行った結果が反映されていることがわかります。

今回のデータには、「期限」という日付データを入れているため、簡易に確認するためのカレンダー画面も自動的に用意されています。

一覧画面下部にある、「Calendar」タブを押すと、右図のようなカレンダーが表示されます。

まとめ

今回は、「データ」からアプリをする方法について見てみました。

アプリを作ることをイメージするときは、おそらくパーツを配置していくイメージを持つと思いますが、AppSheetの画面や機能は、今回のようにデータをベースに自動的に配置するところが大きな特徴となっています。

ここから、細かく機能を調整していくことになりますが、まずはどんなデータがどのようにアプリ化されるのかを色々試してみるところから始めると、アプリの完成形がイメージしやすいかと思います!

本記事は以上になります。

あなたへのオススメ記事...